喘息の症状・原因と治療法

喘息の症状・原因と治療法、喘息発作への上手な対処法をご紹介しています。

喘息の症状・原因と発作

喘息の症状には主に咳、呼吸困難、痰、胸痛、息切れなどがあります。

また、喘鳴というのが喘息の症状の一つにはあります。

喘鳴とは、ヒューヒュー、ゼーゼーと音が鳴る症状が呼吸時に胸や気管支周辺で出て、これは気管支が狭まることで起こります。

これらは喘息の一般的な症状であると同時に、喘息の初期症状としても有名です。

症状の重さや特徴にはひとりひとりに微妙な違いがありますが、ほとんどの場合、発作時には大変辛い症状が現れ、呼吸できずに気絶してしまうこともあります。

主に喘息の症状は、個人差があるものの夜中から朝方にかけて発生することが多く、就寝時に少し息苦しさを感じ、そのまま本格的な発作に移るということが多いです。

また、喘息の原因としては様々ありますが、気管支や気道にタバコなどの煙や花粉、ハウスダストなどの刺激のある物質が付着した際にも、発作が起こりやすくなります。

そのほか、季節の変わり目や空気が冷たい時、体調を崩しているときなどにも注意が必要です。

前述の通り、喘息の症状には個人差が大きいという特徴があります。

症状が咳だけ、息苦しさだけというケースもあれば、複数の症状が現れるというケースもあります。

咳や痰、呼吸困難など、複数の症状が現れた際には喘息と発覚しやすいですが、症状が咳や息苦しさだけといった場合には、風邪が長引いている、加齢による症状と勘違いされることも少なくありません。


スポンサーリンク


このため、実際には喘息でありながら、喘息だと認識できていない方も相当数いるものと考えられています。

また、喘息の症状は、風邪のように常に発生しているわけではなく、主に発作の際に現れるものとなります。

発作が起きていない時には、全く症状が無いというケースも多く、普通に生活を送れます。

発作の症状は、軽~中等~重度の症状に分けられ、話したり呼吸するのが少し辛い程度の発作もあれば、会話が難しく、呼吸困難の症状が現れることもあります。

発作が起こった際には、直ちに病院から処方された発作治療薬を服用し、休息しましょう。

それでも発作が治まらない、発作の症状が重い、まだ病院に掛かったことがないという場合には、救急外来にて診察、対処してもらいましょう。

喘息の発作は、いきなり発生するものではなく、前触れや兆候が事前に現れることがほとんどです。

胸のあたりに妙な違和感を覚えたり、咳や息苦しさといった軽い症状が出始め、徐々に症状が悪化し、発作が起きます。

発作の兆候を感じたら、何か作業を行っているときには中断し、薬を準備し、いったん休息しましょう。

喘息の発作が起きた際には、発作が治まった後で良いので、当時の状況を記録しておきましょう。

「何時ごろ」「何をしているときに」「どのような環境で」「どのような症状が」「薬の服用や症状の経過」などについて記録し、かかりつけの医師に提出してみましょう。

これらの記録を参考に、症状に規則性などが分かれば、医者も治療のアドバイスが行いやすくなります。

 - 喘息

スポンサーリンク


喘息改善マニュアル人気ランキング
川井式喘息改善エクササイズ

アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。

喘息のお子様を改善する実践プログラム

4週間で結果を出す!!喘息の根本的改善法



●他サイト人気記事

喘息の症状・原因と発作

喘息の症状・原因と治療法、喘息発作への上手な対処法をご紹介しています。

Copyright© 喘息の症状・原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.