喘息の症状・原因と治療法

喘息の症状・原因と治療法、喘息発作への上手な対処法をご紹介しています。

喘息の薬のタイプ別メリットとデメリット

喘息の治療に使われる薬は、大きく【発作時に使用するもの】【予防目的で使用するもの】に分けることができます。

この2つを使い分けて喘息の発作をうまくコントロールすることが重要です。

■発作時と安定期に使う薬
《 発作が起きている場合 》
⇒即効性があり効果の短い薬が有効

一番代表的なものが、気管支拡張剤であるβ2遮断薬(サルタノール、ベロテックなど)で、ハンドネブライザーで使用します。

その他に、気管支の炎症に強力に作用する、ステロイド薬(アルデシン、ベコタイドなど)の内服や注射もあります。

また、気管支を拡張し、抗炎症作用もあるキサンチン製剤(テオドールなど)が使用される場合もあります。

大切なのは、いついかなる時に喘息の発作が起きてもいいように、常に持ち歩くことです。

安定期の喘息の発作が出ていない時期
⇒継続的に薬を使い、発作を予防する事もとても大切

長時間作用型の吸入ステロイド薬を中心として、抗アレルギー薬(インタール、ザジテンなど)もあります。

発作がない場合でも、毎日継続して使用することをオススメします。人によりますが、漢方薬をとり入れる場合もあるようです。


スポンサーリンク


■薬のタイプ別メリット・デメリット

現在、喘息の治療薬は、飲むタイプから吸入するタイプの薬へと移行していますが、ただしスプレー式の吸入器の場合、薬の噴霧と吸入のタイミングが難しいので、補助器具(スペーサー)を使用するといいでしょう。

また最近ではドライパウダー式の吸入器(粉末の薬を専用機器で吸い込む)が注目されています。

これであれば、補助器具(スペーサー)がなくても簡単に吸入でき、数十回分を納められますので手間がかからず大変便利です。

吸入タイプの薬のメリットは、上手に使用できれば、直接薬が肺に届くため、少しの量で効果が得られ、副作用が最小限に抑えられることです。

内服薬は簡単で、ただ飲むだけですが、小児の場合は嫌がって飲んでくれない場合が多く、困っている親御さんも少なくないでしょう。

即効性があり、効果が高い静脈注射や皮下注射は、自宅で処置できないのがデメリットと言えます。

喘息の外用薬は、現在皮膚に貼るテープタイプが主流となっています。子供など薬や吸入を嫌がる場合に、とても使いやすいというメリットがあります。

 - 喘息

スポンサーリンク


喘息改善マニュアル人気ランキング
川井式喘息改善エクササイズ

アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。

喘息のお子様を改善する実践プログラム

4週間で結果を出す!!喘息の根本的改善法



●他サイト人気記事

喘息の薬のタイプ別メリットとデメリット

喘息の症状・原因と治療法、喘息発作への上手な対処法をご紹介しています。

Copyright© 喘息の症状・原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.