喘息の症状・原因と治療法

喘息の症状・原因と治療法、喘息発作への上手な対処法をご紹介しています。

喘息に効果のある様々な薬物療法

喘息の治療を行う際には、主に病院から処方された薬を使用して症状を和らげていくこととなります。

喘息の治療に使用される薬には、大きく分けて発作時に使用される薬と、長期に渡って恒常的に使用する必要のある薬とに二分されます。

・発作が起こった際に使われる薬

発作を鎮めるために使用される薬には、即効性と確かな効果が望まれます。

主に使用される薬には、以下のようなものがあります。

・短時間作用性吸入β2刺激薬

主に気管支を広げる効果のある薬で、専用器具で霧状にして吸入します。

直接患部に作用するため、即効性が大変高いことで知られます。

・テオフィリン薬

即効性のあるものと長期的に作用するタイプの2種類のある薬で、発作の治療のためにはやはり即効性のあるタイプのテオフィリン薬が使われます。

気管支の拡張と抗炎症作用の効果があり、呼吸を楽にし、発作を鎮めます。

・その他

抗コリン薬や経口ステロイドなど、やはり気管支や気道を拡張したり、抗炎症作用のある薬が用いられます。

・長期管理薬


スポンサーリンク


発作が起きていない時にも服用し、発作を抑える薬のことを長期管理薬といいます。

長期管理薬には、以下のようなものがあります。

・長時間作用性β2刺激薬及びステロイド配合薬

β2刺激薬と、吸入ステロイドを配合し、それぞれの薬の相乗効果を図った治療薬です。

抗炎症作用と気管支の拡張の効果があり、日々の生活を楽にし、発作の発症率を下げます。

吸入ステロイド薬と、β2刺激薬は別々に処方されることもありますが、効果や副作用は大体同じものになります。

・テオフィリン徐放薬

発作に使われるテオフィリン薬の、長期的に効果が発揮されるタイプの薬になります。

発作に使われるもののように即効性はないものの、少しづつ確実に抗炎症作用と気道拡張効果を発揮します。

吸入ステロイド薬などとともに、喘息の治療によく使われる薬になります。

・アレルギーによる喘息に対する薬

アレルギー反応を抑える薬には、ロイコトリエン受容体拮抗薬、抗アレルギー薬などがあります。

最近ではアレルギー性の喘息が増加傾向にあるので、需要が高く、処方される症例がどんどん増えています。

 - 喘息

スポンサーリンク


喘息改善マニュアル人気ランキング
川井式喘息改善エクササイズ

アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」 アトピー・喘息・じんましん・蓄膿症・花粉症など、アレルギー症状に悩まされている方は必見のプログラムです。

喘息のお子様を改善する実践プログラム

4週間で結果を出す!!喘息の根本的改善法



●他サイト人気記事

喘息に効果のある様々な薬物療法

喘息の症状・原因と治療法、喘息発作への上手な対処法をご紹介しています。

Copyright© 喘息の症状・原因と治療法 , 2015 All Rights Reserved.